2010年11月26日

(増刊号)11月26日殿様気分

天気:晴れ

6:30起床。
よく分からないが、九州は日が暮れるのが遅い分、昇るのは遅いと思う。
徐々に起床時間が遅くなっていることに関する言い訳でございます。

日が昇ってきたので、日記を書き、近くの水場で歯磨き。
行くあてがなく、どうしようかと思いながら今後のルートの検討。
すると佐賀城跡があるじゃありませんか。
城跡だから、あんまり期待せずに向かう。
しかし、実際行ってみると、本丸が当時の設計図に基づいて復元されており、とっても立派。
ガイドさん(無料!)もつけてもらったら、一通り見るのに2時間以上かかった。
城を好きになりそう。

佐賀城・鯱の門
IMG_1539.JPG

本丸の殿様の座る位置で記念撮影
IMG_1544.JPG

その後、14:00ごろ県立図書館へ。
携帯の充電とルートの検討、ライブのネタ作り。

17:00ごろ、出発して1ヶ月になろうというところで急に東京に帰りたくなる。

IMG_0239.jpg
19:45〜ライブ開始。立ち止まる人はいないものの、自信を持って喋れたし、場所取りもできた。
人を立ち止まらせるのって難しい。
まだまだ勉強でございますな。

ライブ後、駅前の「らららカレー」でカレーを食べ、昨日と同じ公園で一泊。(23:00)
同じ場所で野宿2泊は初めて。


今日は歩いている途中、このまま帰りたいと思った。
旅を続けてもライブはしたくないと思った。
自分に足りないものは何か。
「自信」そして「恥を捨てること」。
自信があれば恥も感じないだろう。そのことに気付く。
そして、安息の場を与えてくれた人たちに感謝した。
「いつでも帰ってこい」「いつまででもいていい」
そういう風に逃げ場所を与えてくれるのってすごく嬉しいし、安心する。
頑張る奴はそこで一旦休んでも、もう一度挑戦するために歩き出すだろう。


(2010.11.28 田中正史)
posted by 田中正史 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■増刊号(2010年10月・11月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

(増刊号)11月25日久留米から佐賀へ

天気:曇り

9:00ごろ起床。
昨日は4時ごろまであかねちゃんと話していた。
起きて昼ごはんを食べて買い物。
当たり前のようにスーパーに馬肉、くじらが並んでる。
すごいわ。

それから夕飯。
赤貝の炊き込みご飯、手羽元とさといもも煮物。豪華!そして間違いなく旨い。
最後だからちいちゃんも来てくれた。
カロリーメイトやたばこを差し入れてくれた。ありがとう!

あかねちゃんはいつ出発するかとか聞かないでくれて、
しばらくここにいたいと思ったが、それって楽なほうに逃げることだと思った。
あかねちゃんは自分を成長させる強さを持っているから、周りの人も成長していけるんだと思う。
一時の安息と、チャンスの神様の髪の毛の掴み方を教えてくれたあかねちゃん、ありがとう。

21:00過ぎ、あかねちゃんのお友達に佐賀駅前まで乗せてもらう。
ほんとうにみなさんお世話になりました。
ありがとうございます!!

佐賀駅
IMG_0232.jpg

今日は近くの公園で一泊。寝るときはそんなに寒くない。
23:00就寝。


(2010.11.28 田中正史)
posted by 田中正史 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■増刊号(2010年10月・11月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

(増刊号)11月24日居酒屋ライブ

天気:快晴

11:00起床。
朝が気持ちいい。快晴。

あかねちゃんが洗濯もしてくれてほんとうにありがたい。
ご飯も、オムレツ、蒸し鶏、バターソテー、みそ汁など超豪華!
めちゃめちゃおいしいよー。
久しぶりに家庭料理を食べた。

IMG_1529.JPG

なんだかんだで17:00ごろまでだらだら。

20:00になってちいちゃんと3人で「居喰家大石」さんへ。

IMG_1530.JPG

IMG_1533.JPG

IMG_1532.JPG

うにと茶碗蒸しが最高に旨い!!
さすが、新鮮、海の幸。
カキも馬刺しもいただいて大満足。
最高です。
あと、九州の刺身醤油に衝撃。甘い!

同級生の若マスター(頭)
IMG_1534.JPG

ちいちゃん、あかねちゃん
IMG_0229.jpg

その場で、あかねちゃん、ちいちゃん、若マスター、他のお客さん3名の前でトークライブ。
あかねちゃん、ちいちゃんに「喋りのリズム」や「お客さんを引き込む術」などアドバイスをもらう。
悔しい思いとありがたい思いと一緒になったかんじ。
みんな聞いてくれてありがとう。
これから生かしていかなければならない。


(2010.11.28 田中正史)
posted by 田中正史 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ■増刊号(2010年10月・11月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。